* *

求人のご案内

ホームクリニック暖について(インタビュー)

在宅専攻医 (笠芳紀先生)

Q.ホームクリニック暖や在宅医療の魅力は何ですか?

在宅専攻医 (笠芳紀先生)

こんにちは。私は今、ホームクリニック暖で1年間の在宅医療研修を行なっています。

「患者さんの生活を医療の面からサポートしていく」という基本的な考えは同じですが、在宅医療では、病院での入院医療や外来医療とはまた違ったメンタリティが求められると感じています。診療時の服装、患者さんから聴取する情報内容、連携する職種、情報交換の内容等々、病院で学び実践してきた医療とは違いがあり、それぞれに対してきめ細やかな指導を受けています。

悪性腫瘍末期、進行性の神経難病、徐々に衰弱が進行していく患者さんを日々診療するなかで、それぞれの患者さん自身、ご家族に歴史があり、そのなかで培われてきた価値観、譲れないラインがあり、ときに自分の医療に対する考え方とぶつかることがあります。患者さん、ご家族、指導医、クリニックスタッフ、連携するケアマネさんや訪看さんと対話する中で、お互いがよりよいと思える、患者さんの納得できる方針を決め、深く関わりをもつことができています。

超高齢・多死社会となり、より普及していく在宅医療に微力ながらも貢献できればと思います。

非常勤医 (古曳陽香先生)

Q.ホームクリニック暖や在宅医療の魅力は何ですか?

非常勤医 (古曳陽香先生)

患者さんのお人柄や今までの生き様などお伺いすることもあり、病気だけでなくバックグラウンドもあわせて診療ができることが魅力です。またご家族の思いも大切に患者さんが安心・満足出来る診療が行えるように尽力したいと思います。

看護師 (野津まり子氏)

Q.ホームクリニック暖や在宅医療の魅力は何ですか?

看護師 (野津まり子氏)

病院では疾患の治療が中心となりますが、在宅の場合は家族背景、住宅環境など生活の場として関わることが重要となります。在宅医療に関わるようになり数年が経ちますが、患者さん、ご家族との出会いのたびに学ばせていただいているように思います。患者さんはもちろんご家族の表情から不安や心配なこと、介護者の体調にも気を配り、患者さんの在宅生活をより良くするために何をすべきか、必要なことは何かなど日頃の会話の中からでもキャッチしていき、また患者さんに関わるあらゆる方たちが医師や看護師に対して、話しやすく相談しやすい関係づくりを目指してやることにもやりがいを感じながら日々頑張っています。

患者家族 (A様)

Q.ホームクリニック暖の在宅医療を受けてみてどう感じておられますか?

患者家族 (A様)

定期的に往診に来て頂けることで、とても安心感が生まれました。特にメディカルケアネットという画期的なシステムのおかげで、その安心感がより大きくなった気がします。 介護度がすすむにつれていろいろな身体の状況の変化があって、そのようなときもメディカルケアネットを使って24時間いつでも気にせず相談できるところが、いつも先生や看護師さんとつながっている感じで、私自身の気持ちがとても楽になりました。

※メディカルケアネット(https://www.medical-care.net

 

Q.ホームクリニック暖で働くドクターへの期待

それぞれ専門分野や得意分野がおありかと思いますが、総合医療といいますか、全般において診て頂けること。

家族にもわかるような説明や、次回往診時までの注意点であるとか、様子観察のポイント等のアドバイスをしっかりして欲しい。

あと、自宅に来て頂くわけで、病院とは違うので、環境も整ってないですし、衛生面や臭いの問題など対策が万全では無い場合が多いと思うので、そのあたりにご理解頂きたい。

 

 

 

 

常勤医の働き方 非常勤医の働き方 ホームクリニック暖について(インタビュー)
ページトップへ