* *

用語について

居宅療養管理指導って何?

介護保険サービスの一つで、主治医が患者を診察した際に、患者の同意を得て介護サービス利用にあたって必要な情報を、ケアマネージャーに提供するものです。

当院では連携を重視していますので、基本的に居宅療養管理指導を行い、その費用を算定させて頂きます。

 

往診と訪問診療はどう違うの?

訪問診療とは、

計画に基づいて定期的に患者さんのお宅に訪問して行われる診療のことです。

訪問診療の場合は、通常の診療時間内に訪問いたします。

往診は、

患者さんの求めに応じて臨時で訪問して行われる診療です。

往診の必要があれば、休診日や夜間・休日でも往診いたします。

 

在宅時医学総合管理料って何?

診療計画にもとづいた月2回以上の訪問診療と、急病時の24時間の臨時の往診対応を行っている場合に、患者さんの同意を頂いて在宅時医学総合管理料を算定させて頂いています。

在宅療養支援診療所は普通の医院とどう違う?

在宅療養支援診療所とは、

以下の条件を満たし、厚生労働省に届出を行っている診療所です。

届出をしていなくても在宅医療をされている医院も多くありますが、在宅療養支援診療所は在宅患者の療養を手厚くサポートするための体制を整えた診療所ということになります。

  • 24時間連絡が取れる状態にあること
  • 24時間往診が可能な体制があること
  • 他の訪問看護ステーションとの連携も含め24時間訪問看護が可能な体制であること
  • 在宅患者の緊急入院先を確保していること
  • 連携担当者を配置していること
在宅医療って何?

医療を受ける場所として、入院、外来通院、在宅があります。

在宅医療は医師が患者のところへ赴いて、診察や検査、処置などを行うものです。

従来はかかりつけの先生に通院をして治療し、急病の際には往診を受けたり入院したりして治療をしていたものが、自宅にいながら同じような医療が受けられます。

また、在宅医療を受けられる方の多くは、何らかの介護が必要で、介護保険のサービスも同時に利用しながら療養されることが大半です。